還暦過ぎのおつね婆(私)&40代働き盛りの半次郎(夫)

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

おつね

Author:おつね

FC2カウンター
カウンター
関連サイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっこと一言

本当、ご無沙汰してしまいました。
半次郎もおつねも相も変わらず暮らしております。
相変わらず半次郎とは離れ離れの暮らしをしておりますが
今はLINEなるものがあってほぼ毎日会話は出来ております



スポンサーサイト

高齢者になったぞぉ~\(^o^)/

おつね婆、19日にめでたく

高齢者の仲間入りになりましたぁ~

おめでとう~
おめでとう~

って、自分だけで盛り上がる....サビシィ~

『たまにはリッチに食事でもしようか』
と、半次郎は2週間ぶりに帰宅してくれた...ウレシィ~

これで、七月の半次郎の誕生日まで
22歳の年差となりました。ザマァ~ミロ

何、威張ってるんだか自分でもわからん...(-.-)

確かおつねには腹を痛めて産み落とした
二匹の輩がいたはず

スマファの前で待機していても梨の礫
こうなりゃ強制執行

[さて、問題です!今日は何の日でしょうか?]
一斉送信

すると5分もたたず

新八 『あ...お・おめでとう...((((;゚Д゚))))』
八重 『今☎しようと思ってたのに....(^_^;)』

まぁ、二人共答えを出す前にわかったみたいなので許そう<(`^´)>

しかし、不思議に思うのは女性に多い年齢詐称
なんでだろう...

見た目年齢ってあくまでも相手が決めるものだから
例えば
年齢詐称で おつねが50歳て申告しても
『あら、年の割に老けてるのね』って言われると思うし

65歳って正直に言ったら
『あら、年の割にお若いわね』って言われるかもしれないでしょ?
(あくまでも”かも”だからね)

そのほうがず~~といい気分だと思わない?

それに自分の歴史否定しちゃいかんぜよ!

65年それなりに山アリ谷アリの人生
その皺ひとつひとつ若造にはない魅力が刻まれているんだぞ~

悔しかったら、老けてみろ!
って...あはは

だって、老人は青春の経験を持ってるけど
若者よ、君らは老人の経験はないのだから

ってムチャクチャの理論を述べて
おつね婆はこれからも

勝手気ままな年の差婚生活を謳歌します。

半次郎覚悟しとけよ


近江の桜

先日、京都の結社例会(俳句)に出かけてきました。

急遽決まった京都行きのため、宿屋ホテルは何処も満室。
さすが、都の桜は人気が高い。

翌日、大津での吟行会があったので、大津に泊まることに決定。

生憎小雨だったのですが、(正に花の雨)
琵琶湖疏水の桜はそれはそれは見事なものでした。icon_anisakura01.gif


疎水は今でも京都へと繋がっていて明治から今日まで
京都の人々の大事な水源となっているとのことでした
桜の花弁を連れて流れる水路さすがとても綺麗でした。

大津の人に伺うと
地元の方々は水に対してとても気を遣われていて
洗剤なども決められてもの以外は使用できないとか

そうして、綺麗な水を京都に送っているのですね
滋賀の人は偉い!w04.gif


sosui01.jpg
sosui.jpg

三井寺を後にして
三井は以前半次郎と訪れたことが有り)
蝉丸神社へと

昼食は先ごろ有名になった、[逢坂山かねよ]
ここのきんし(卵焼き)が有名だと伺い
早速注文

ぎょえぇ~~ きんしがデカッ!w03.gif
kinsi.jpg

  関西ではうなぎをまむしって言うんだ......独り言

毎晩LINEでビデオ通話している半次郎に報告
東北の桜の満開はやはり関西より遅いみたい

でも、本当の意味の春が早く東北に訪れて欲しい
そして、はやく半次郎帰ってきてぇ~~

  電卓に割る飯代や花吹雪   おつね

おそまつ!zimukumi22.gif
って、おーい食い気かよぉ~~(-.-)

あなたならどうする?

昨日、バス車内での出来事

カルチャー終了後帰路のため仲間5人でバスに乗っていると
仲間のひとりのF子が少女の隣に乗り合わせた(推定小学校5、6年生位)
と、なにやらその初対面の少女に話掛けれれていた。
するとF子はやおら自分の財布を取り出して小銭を少女に渡した。
話声の聞こえなかった私は、

『両替でもたのまれたのだろう』ぐらいにしか思ってなかった。

やがて、バスは目的の停留所に到着

たいして、気にもしてなかったのだが先ほどの少女との会話を
なにげなくF子に聞いてみた。

すると、その内容に私は複雑な気持ちを抱かざるえなかった。

詳細
F子は我々とバスに乗ると、後方座席でおにぎりを食べている少女の隣に座った
バスの中で食事をしているので、塾にでもこれから行くのかと思ったらしい。
するとしばらくすると

少女『バス賃が50円足りないので、くれませんか?』

と言われたそうだ、咄嗟のこともあり50円位だからと財布から50円渡した。
きっとこれから塾にでも行くのだろう、それではバス賃が足りないのでは
可哀想と思ったF子の優しさからです。

F子『これから塾へ行くの?』
少女『家に帰ります』

たかが50円、されど50円
お礼も言わない少女を後に、バスを降りてからF子は悩んだそうだ

その話を聞いて我々仲間も考えてしまった。
少女のためにお金をあげたのが果たして良かったのかどうか


悪びれもなく、またお礼も言わず
即座に隣席のおばさんにお金をせびる

この話を聞いた仲間たちから色々な意見が出た
A子の意見
『お金が足りないとわかったら、降りて歩くべき』
B子の意見
『降りるとき運転手に事情を言って、どうしたら良いか聞く』
C子の意見
『すぐにお金を貰えると思わせる親の教育に問題がある。
 だから、世の中そうはいかない事を教える方が良い』

私もB子の意見に近かった。

ただ、気になるのが
少女は自分の財布も確認せず、すんなりとお金をください。と言ったこと
もらうと当たり前のようにお礼も言わなかったこと。

みなさんなら、どうしますか?

ただ、願わくば少女が常習犯でないことを祈ります。

今日は暖かい


今日は春らしい天気

このまま春突入になれば良いのにね。

我が家のベランダで杏の花も一輪開花

『今年はいくつ実をつけてくれるの?』

杏の花に聞いても

『アータの愛情しだい』

とつれない返事…

昨年は実を2つつけたのに、青いまま
落ちた…(;_;)


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
素材サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。